探そう!新しい自分に出会える医療用かつら・ウィッグ

脱毛した眉毛・まつ毛のケア

 

抗がん剤治療や円形脱毛症などでは、頭髪だけでなく、あなたの眉毛やまつ毛なども抜けてしまう場合があります。
(薬の種類や個人差があります)

頭髪の場合は、医療用ウィッグを用意する事によってカバーすることができます。

しかし、眉毛やまつ毛のケアをするためには具体的にどうすれば良いのでしょう?
こちらの記事でいっしょに考えてみましょう。

 resg 眉毛のケア

女性誌でもしょっちゅう特集が組まれているように、眉毛というのは顔の印象を大きく変えてしまうパーツです。また時代によって、太かったり細かったりといった流行りもあります。

準備した、あるいはこれから購入される医療用かつら・ウィッグの髪色を考慮して(髪色と同色か一段明るい色がおすすめです)、あなたの使いやすいタイプのアイブロウを用意しておくと良いと思います。

何もない状態で眉を描くのは意外とむずかしいものです。

まずはあなたの顔全体が映せる大きめの鏡を準備しましょう。
脱毛前にあなたの顔写真を撮っておくことも、眉を描く際に役に立ちます。
眉毛がまだ残っているうちに、練習を始めておくのが良いと思います。

顔全体をはっきり大きく写した写真で、あなたの眉頭、眉山、眉尻の位置をあらかじめ確認しておきます。
順序としては、眉山から眉尻に向かって描いていき、次に再度眉山に戻り、今度は眉頭にペンをすすめていきます。

眉毛を描く時に利用できるテンプレートシートというものが500~600円くらいであります。

シートに合わせてラインを引いていくのですが、不自然にならないように、
パウダータイプのアイブロウとペンシルタイプを併用すると上手く描けます。

またアイブロウコートといって描いた眉がすぐに消えてしまうのを防ぐ用品もあります。
不用意に濡れてしまったときなどに、コーティングされていると大変安心です。


女性の場合はこの手の便利で優秀なメイク用品が意外と多く揃っています。

ぜひ上手に利用していきましょう。

既にあなたが医療用ウィッグを用意されているのであれば、装着した状態で描いてバランスを見てみるのが良いかと思います。

また、慣れないうちは前髪の長いタイプのウィッグやバンダナなどでカバーする方法もあります。

 

 resg まつ毛のケア

まつ毛が抜けると、あなたの印象が変わるだけでなく、目にゴミが入りやすくなってしまいます。
そのため、特にハードコンタクトレンズを使用している場合は、少し大変になるかもしれません。
保護のために、メガネの利用も考えておくといいですね。

さらに目ヂカラUPを目指して、アイラインを引いたり、つけまつ毛などもおすすめです。

しかし、いずれもあなたの皮膚に負担がかからないか気を付ける必要があります。
特につけまつ毛は接着剤でかぶれないか、必ずパッチテストしてから使用するようにしてくださいね。

 

最後に、眉毛とまつ毛の専用育毛剤というものを二種類ご紹介しておきます。
こちらはホルモン剤を使用していないので、病後の脱毛改善にも安心して使用できます。

また、ウィッグメーカーの草分け的存在であるアデランスからも、
まつ毛と眉毛と両方に使用できる美容液が新しく販売されるようになりました。
無着色・無香料・無鉱物油・ノンシリコンです。


 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます⇒【医療用ウィッグの困った!解決】


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP