探そう!新しい自分に出会える医療用かつら・ウィッグ

毛質で選ぶ

 

resg 医療用ウィッグの毛質の種類

医療用ウィッグに限ったことではありませんが、かつら・ウィッグに使われる毛質は

人毛・人工毛・混合毛

という3種類に大別されています。

一般的には手触りや見た目が一番自然なのはやはり人毛です。人毛の配合量が多い医療用ウィッグほど高額となります。
しかし、手間や軽さの点を考えると人工毛にもメリットがあります。

以下、それぞれの良い点・悪い点について書いていきます。

 

 resg 人毛ウィッグのメリット・デメリット

人毛ウィッグのメリットはやはりなんといっても、質感が自然でなじみやすいという点です。耐久性にも比較的優れています。

またボリュームが出やすく、パーマやカラーリング、カットが可能なので、
自髪同様、あなた自身でウィッグのセットができるという楽しみがあります。

しかし、どうしても使いこむうちに退色や枝毛を生じてしまいます。
セットする楽しみがあるというのは反面、ウィッグを洗った場合に、あなたの手間がかかるとも言えます。

 

resg 人工毛ウィッグのメリット・デメリット

人工毛ウィッグの材質は合成繊維です。
不自然な質感のものから人毛に近いものまで様々な製品があります。
値段が比較的安く、種類も豊富です。

医療用ウィッグを洗っても形状が記憶されているので手入れが簡単で、軽量化に優れています。

しかし、ボリュームが出にくく、色や形状といったスタイルが変えられません。
また熱に弱い、静電気が起きやすい、といったウィッグ特有の悩みがでやすくなっています。

製品によっては、きしみ感や、光にあたると(人形の毛のような)テカリがでることもあり、不自然さを生じます。

resg 混合毛ウィッグ(人毛と人工毛が混ざったもの)のメリット・デメリット

混合毛で作られた医療用ウィッグは、人毛の自然さと人工毛の手入れの簡単さを兼ね備えています。
ただし、ウィッグ製品によって人毛と人工毛の割合は様々です。
人工毛が含まれているので、基本的にウィッグの色や形状などは変えられません。

染め上げた状態でできあがってくるので、ウィッグに色を入れてもあなたの希望通りに行かないことがあります。

 

 

  メリット デメリット
人毛 ・自然な質感
・比較的耐久性に優れている
・ボリュームが出やすい
・パーマやカラリング、カットが可能
・使いこむうちに退色や枝毛を生じる
・洗った場合、セットに手間がかかる 
人工毛 ・種類が豊富、値段が比較的安い
・手入れが簡単
・軽い
・スタイルが変えられない
・熱に弱い、静電気が起きやすい
・きしみ感がある。
・光にあたると(人形の毛のような)テカリがでる
混合毛 ・人毛と人工毛の良さを兼ね備えている ・基本的に色や形状などは変えられない

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます⇒【費用で選ぶ】


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP