探そう!新しい自分に出会える医療用かつら・ウィッグ

とにかく暑い、蒸れる

 

resg ウィッグを付けた頭皮は思ったより汗をかく

医療用ウィッグというのは、頭に蓋をしたような状態であるため、
熱がこもりどうしても暑く感じてしまいます。
ウィッグを付けた状態での頭皮というのは思った以上に汗をかき、夏場などは特に蒸れて大変だと聞きます。

このページでは、あなたが医療用ウィッグを快適に使用するために
いったいどんな暑さと汗の対策があるのか、
一緒に考えてみたいと思います。

 

suika

resg ウィッグの汗対策に汗わきパットを使う

よく聞く方法として、

  • 汗わきパット
  • キッチンペーパー
  • 目立たない色のガーゼ

等々を頭皮にはさんでからウィッグネットをかぶる、
あるいはウィッグネットに貼り付けるといったやり方があります。
汗を吸湿してくれるので、ウィッグ装着時の不快感が少しはマシになるようです。

汗わきパットはあなたの頭の凹凸を滑らかにするクッションの役割も果たすので、
ウィッグのフィット感の調整などにも役立ちます。
額部分に使用すれば、頭部からの汗でメイクが取れるのも避けることもできます。
肌色のパットなどを使えば目立ちにくいかもしれませんね。

試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

また、汗のにおいを解消するためのウィッグ専用スプレーも販売されています。

夏場などには一つあると安心できます。

 

あなたがお勤めなどで、ウィッグをつける頻度が高いとあらかじめわかっている場合は、
特に通気性の良さを考慮している医療用かつら・ウィッグや
クールタイプのウィッグネットを選ぶ必要がありますね。

何といっても、医療用フルウィッグは帽子をすっぽりとかぶっているのと同じなので、
もしあなたの事情が許すのであれば、
高温の季節には次の記事でご紹介しているような
部分ウィッグ・つけ毛】、【医療用帽子、スカーフ・バンダナ】などを上手に利用してもいいかもしれません。

じゃあ、冬はいいのかといえば、今度は強い寒風であおられるし、ウィッグが乾燥するので静電気が起きやすくなります。

ウィッグの利用は、季節によって異なる悩みが出てくるところが悩ましいところです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます⇒【持ってると便利なグッズを知りたい】


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP