探そう!新しい自分に出会える医療用かつら・ウィッグ

イメージと違っていた

 resg かぶったらイメージと違っていた、さっぱり似合わない

不自然に見えてしまうというのとは、また別の話になるのですが、
カタログ写真でみたときにはステキなウィッグだと思っていたのに、いざあなたが自分でかぶってみたら、なんだかイメージじゃない、全然似合わない、ということなかったですか?

残念ながら、これは試着してから購入するしかありません。

カタログだけのイメージでは、判断に難しいものがあります。
なぜってかぶってるモデルとあなたとでは、
顔の形や造作、肌合いなどが違うからです(いい悪いじゃないですよ!)

ただ例えば、自分では、

切り過ぎた、失敗した!
パーマが絶対ヘン!

と落ち込んで美容院から帰ってきても、
案外、「ステキ」「似合ってるわよ」と周りに言われたことありませんか?

自分の受けた印象はもちろん大切ですが、周囲の人に感想を聞いてからでも遅くありません。
この際、正直にはっきり言ってくれる人に聞いてみましょう。

 

元々既製品はどうしても、多数の人が使用できるように
汎用的なサイズで作成されますから、
自分の前髪やすその長さとして、そのままではうまく決まらない、
ということは当然よくあります。

数は多くないですが、医療用ウィッグを専門にカットをしてくれる美容室もあります。自分に似合うようにプロにアレンジしてもらうという方法もいいと思います。

また、メーカーのサービスとして、
購入の時点で似合わせカットをしてくれる場合もあります。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます⇒【必ず試着を】


スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP