某メーカーのパンフレットにあった一文なのですが、
医療用ウィッグを購入した人の約半分は、購入した品物について失敗したなと感じている、
というアンケート結果があったそうです。

半数というのは大げさかなという気もしますが、
購入がなかなか難しい商品なのだなとあらためて感じました。

個人的な話で申し訳ないですが、私は現在セミロングで肩の少し上くらいでそろえています。
これが肩の下まで伸びたなと感じた頃、美容院に行くのです。
前髪は自分で切ります。

カラーも自分ですることが多いので、だいたい4か月くらい間隔があきます。
脱毛状態になった時期は、半年以上行けませんでした。

何が言いたいかというと、私のような女性はたぶん間違いなく少数派で、
普通はもっと美容院に小まめに行ってることでしょう。

髪というのは日々伸びているので、そのままではヘアスタイルが崩れてしまいますからね。
ショートヘアの人は特にそうでしょう。

すごく当たり前の話ですが、地毛とウィッグの違いはここですよね。

人の髪は変化していきますが、医療用に限らずウィッグ全般は変化がありません。
昔から何年もその髪型一筋であれば、似たようなウィッグを見つければ問題はないかもしれませんが、
そうでない場合、変化のない髪型からウィッグ特有の不自然さを感じさせてしまいかねません。

 

医療用ウィッグを選ぶ基準は、人それぞれいろいろあるでしょうが、
品質的に痛かったり暑くて使えなかったりしないことは最低限の条件で、
その次には自然に見えること、ではないかと思います。

お買い物はなんでもそうですが、買って使わない、というのが一番もったいない話です。
お金を捨てたようなものです。

おしゃれ用のウィッグの場合はともかく、
身体がつらい状況で選ぶ医療用ウィッグの場合、
どうかその後悔だけはしてほしくないと思っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます⇒【おすすめの医療用ウィッグメーカー】


スポンサーリンク